長谷川保
ホーム > 長谷川保

長谷川保

2013年05月12日(日)12:34 午後

気仙沼、新宿での会議を終えて、
伊丹空港へ着きました。
今日は梅田へ向かう予定です。

その前に
飛行機の中である本を紹介したいと思ったので
ブログを書きます。

最近、読んだ本です。
「聖隷 長谷川保の生涯」


社会事業と呼ばれる世界を外から覗いたとき
まるで貴族のチェスではないかと
戸惑うことがありました。

昭和初期に社会事業家と呼ばれた
長谷川保氏の生き方には
それらのものとはまるで違う世界ではないかと
思う要素がふんだんにあります。

ドクターヘリ、
ホスピスの導入、
老人介護施設、
障害者施設の建設、
さらには、生活保護法をはじめとする
様々な福祉関連法案作り等
日本初と呼ばれるものの多くに
長谷川保氏がいました。

国際的に見れば
社会的セーフティネットが整っている日本ですが、
その背景には、
長谷川保氏のような現場に身を置き
法律の前を歩き続けた
鳥肌モノの生き方をする方がいたのだと思います。

 51SANVTQRZL._SS500_